東日本営業部 マネージャー 片平理衣(かたひらりえ):ブライダルでのメイク&エステを担当。美容スキルの向上を図っていた中で取引先としてルーヴルドーと出会う。2007年4月に転職して以降、様々な業務や事業の立ち上げに関わり、現在は東日本エリアの営業部マネージャーとして営業の現場で指揮をとっている。

3年ごとに転職を考えるのが
私のスタイルだったけど、
10年続くとは思わなかった

元 ブライダルメイク 現 東日本本部マネージャー

片平 理衣

小さな島に住んでる大家族っていうイメージです。島の中には物が少ないので、必要なものを自分たちで作って、それを島の外に行商に行ったりな感じで売りに行ってる、っていうイメージが強いですね。で、私はその中で長女の役割をしていると思っています。たくさんいる妹とか弟と一緒に行商には行くんですけど、行ったことのない土地とか売り方とかを工夫して、それで見つけてきたものを、また島に戻ってみんなに伝える役割だと思ってます。

東日本本部マネージャー 片平 理衣 自分にとっての
LOUVREDOとは

転職しようと思った[ きっかけ ]は何ですか?

通常ブライダルエステで使う化粧品っていうのは、トラブルがないように変化の起こらない製品が使われるんですけど、私が勤めていた会社の上司は、結果を出すということにすごくこだわっていて、ルーヴルドーの商品を扱いだしたんです。その時に、今までにない結果とかお客様の喜びとかを見て、すごい商品だなって思いがありました。それで、私自身も全て愛用させてもらっていて、すごく商品に信頼を持っていて。
それと、当時のルーヴルドーの担当者の方が、他のメーカーさんも色々出入りしてた中で一番営業として信頼できたってところもあって、喋りやすくて色々お話をするようになったんですね。
私としては、本当は違うところに転職しようと思ってたんです。ブライダルエステに来る方って、肌がすごく荒れてる方が多かったので、もっと肌の勉強しようと思って。それで皮膚科のエステに就職し直そうと思って決まってたんですけど、ちょうどそのタイミングでルーヴルドーも新しい人材を探していて、担当者の方から声をかけていただいたので、そのまま入社しました。

転職してみて[ ギャップを感じた部分 ]はありましたか?

商品の深さというか考え方が、こんなにすごい商品なんだっていうのが、お店で扱ってた時以上に社内に入ってよくわかりました。以前よりも今の方が、商品をより好きになって自信も持てたっていう。あとは思ってた以上に忙しかったってところですかね。
1番びっくりしたのは、それまで自分が学校で習ってきてた皮膚の常識というのが、ちょっと違っていたところですね。もっと奥の話をルーヴルドーに入って聞くことができて、肌がこれだけ体と繋がってるんだなというのを感じ取れたので。他社であれば皮膚表面だけの話だったんですけど。

転職から10年経って、[ 今の仕事/役割 ]は、どう変わりましたか?

もともと長く働くっていうことをしたことがなくて、大体3年おきに転職を考える、また会社を変える、というのが私のスタイルだったので、ここまで続くと思ってなかったですね。あとは、今すごく感じるのは1人では何もできないので、やっぱりたくさんの力を借りることで色んなことができるっていう、人の大切さを知ることがやっとできた感じがします。
元々、できたと思ったら次のことをやりたくなるんです。その3年ごとに変わってた時っていうのは、習い事も週に2、3回はやっていたりとかして、好奇心が変に旺盛だったんですけど、今は会社としてどんどんどんどん進んでいくスピードが早いので、それに追いつくように走っているところです。1番の違いは、趣味が仕事に変わったっていうところだと思います。
仕事の内容は1周回ってる感じで、あらゆることをやらせてもらっていて、最初は技術の指導もやったりとか化粧品の専属の営業をやったり、ヘアホスピの立ち上げに携わらせていただいたり、1年半ぐらい前はマーケティング部の立ち上げをやって、今また営業に戻ってきてるんですけど。
会社のことはある程度把握してるっていうところと、10年前からいるので、先が見えるっていうんですかね。今が大変であっても将来的にうまくいくんじゃないかなって、可能性を信じながら仕事ができるっていうのは、やっぱり色んなことやらせてもらって、形のないものからどんどん出来上がっていく過程を見せてもらったからだと思うんです。
売れる商品があるっていうところが、昔とは全然違うんですよね。昔は本当にお客様が少なかったですし、今は恵まれてるなっていう風に感じてます。

ルーヴルドーは[ どんな働き方ができる会社 ]ですか?

やっぱりあの、今営業してるのでお店の売り上げが上がる・・で、1店舗の小さなお店が、少しづつ大きくなるとか、スタッフさんの数が増えるとかっていうのが自分のやりがいで。私も現場にいたので、お店のスタッフさんが働きやすい環境が作れるっていうのは、見てて嬉しいなって思います。
担当している取引先の夢を一緒に叶えていくっていうのが、ルーヴルドーの営業なんです。コンサル・・というのでもなくて、何ていうんですかね。普通の営業って商品だけをお勧めすると思うんですけど、そうではなくて、お店さんとともに夢を語りながら進める感じは、やってて楽しいなって思います。
それに、自分の意見とか要望を聞き入れてもらいやすい会社だと思うんです。前職では上の人と話す機会もほとんどなかったんですけど、ルーヴルドーは役員との距離も近くて、スタッフの意見を吸収して商品化したり、色んな企画を考えてもらえるので、発案しやすく採用してもらいやすいっていうのが、やりがいとして感じてもらえると思います。
で、もう1つなんですけど、商品がやっぱり絶対的に結果が出て、自分が自信を持って好きなものを伝えられるっていうのは、営業していて楽しいなって思うんです。他の会社であれば、使ってない商品だったりとかも薦めないといけないっていう話をよく聞くんですけど、自分が好きな商品をそのままお客様に伝えるっていうところは、営業が苦手な人でもやりやすい会社じゃないかなと。
「美味しいな」と思ったものを家族やお友達に「これ美味しかったよ」って言う感覚で営業に行って、お客さんにこの商品良かったよ、使ってみてくださいって言えるっていうのは、楽しいなって思います。

[ 一番お気に入りの製品 ]は何ですか?

採用フロー

  1. 書類選考 ※お送りいただきました内容をもとに、書類選考を進めます※書類選考に通過された方にのみ、今後の選考をお知らせします
  2. 面接(1~2回) ※緊張なさらずに、ざっくばらんにお話ししましょう
  3. 内定 ※入社時期はお気軽に相談ください

募集中の職種は、こちらのページでご覧いただけます

笑おう。LOUVREDO

エントリーフォーム

ご不明点はお電話やメールにてお気軽にご質問ください。
面接日時や入社時期はお気軽にご相談ください。